過払いとグレーゾーン金利

利息制限法に定めた利率を超える利息を貸金業者に支払った結果、貸金業者に借金以上のお金を過払いしてしまうことがあります。
借金をする際の利息に適用される法律には、利息制限法と、出資法の二種類があるのですが、そのうち利息制限法では、

・元本が10万円未満の場合、年利は20パーセントが上限
・元本が10万円以上100万円未満の場合、年利は18パーセントが上限
・元本が100万円以上の場合、年利は15パーセントが上限

これらの制限を超えた部分については無効である、と定めています。

ところが、出資法においては、金融業者が20パーセントを超える利息を取った場合、罰則が科せられるとしているのです。 つまり、元本が10万円を越える場合、利息制限法と出資法の利息の間には差があるのです。 この差を利用して、この差の利息制限法には違反するが、出資法には違反しない金利をとることを、グレーゾーン金利といいます。

改正が行われる前の出資法では、金融業者が29.2パーセント(うるう年は29.28パーセント)を超える利息を取った場合、罰則が科せられました。 そこで消費者金融などは、年29.2パーセントの利率以下の利息を設定し、罰則を受けずに多大な利益を上げていたのです。 もともとは、この年29.2パーセント以下の高利のことを、グレーゾーン金利と呼んでいました。

また、貸金業者にとって有利な制度であった、「みなし弁済規定」制度も、近年の法改正により廃止され、消費者(借主)の保護が強化されつつあります。

▽注目サイト
過払い金返還の請求に関する相談を無料で行えるサイトです ⇒ 過払い金返還